スポンサーサイト

-------- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://officialweb.blog22.fc2.com/?overture" target="_new
| | ラッキー☆ | スポンサー広告 | -------- -- --時--分 | コメント- | トラックバック- |

待機行動のルール変更

2009-04-27 Mon

はじめまして。乙女心を持つ夫です。

ブログを夫婦で始めたのに、何1つ書くことが無く困っていたのですが・・・

思い切って書き込んでみます!!ちょき
只今、競艇にのめり込んでしまっていまして・・・sn
今日は、競艇について書かせて頂きます。kao02

少し長くなりますが、是非読んで頂ければ嬉しいです☆
※どちらかというと私の独り言です笑

来月5月1日より、待機行動のルール変更が行われることになりました
内容は、以下の2つです。

1つ目

わかりやすい待機行動を目指し、待機行動実施細則の一部を改正!
このたび、財団法人日本モーターボート競走会は、「競艇」の魅力のひとつである待機行動を活性化させるとともに、お客さまにとってよりわかりやすいものとするべく『待機行動実施細則』の一部を改正しましたのでご報告します。
これは、現在の待機行動においては、多くのレースで枠なり進入、時間稼ぎ的航法が見受けられます。また、内側艇(インコース艇)が後から進入してくる状況は「わかりにくい」と、お客さまから疑問の声が挙がっている状況にあります。
このようなことから、当会では、競艇における待機行動の本来の魅力をお客さまに提供するため、関係者間で種々検討を重ねた結果、お客さまにとって「わかりやすい進入方法」とするためには時間稼ぎ的航法を規制することが望ましいと考え、待機行動実施細則の一部改正を行ったものです。これにより、インコース艇は適正な助走距離となり、イン、センター、アウトそれぞれ本来の戦法が明確化するとともに、選手の個性が一層引き出されることを期待しています。

なお、この待機行動実施細則の一部改正については、本年5月1日以後の日を初日とする競走より適用されます。

【主な変更点の要約】
・待機行動のバックストレッチ側の航法において、低速航走しようとするモーターボートは速やかに
内線へ寄せること及び内線と平行に航走することを規定化し、時間稼ぎ的航法を規制する。

・低速航走時における右転舵を時間稼ぎ的航法として、待機行動違反とする。ただし、内線に寄せた
とき及び外側のモーターボートが助走距離をとるための右転舵は除く。

・原則として、150メートル見透し線に先に達したモーターボートからコースの優先権が得られるもの
 とする。

・スタート展示航走に出られなかったモーターボートが、本番レースで最アウトコースから進入
しない場合は違反としていたが、この項目を削除する。

・変更事項2において、前付け艇の落とした位置によっては違反とならない場合があります。

2つ目
著しく異なる進入航走の廃止
  ~「スタート展示」6コース⇒「レース」1コースの規制を廃止~

財団法人日本モーターボート競走会では、待機行動の活性化を図るため、スタート展示航走の進入航走において6コースとなったモーターボートが本番レースにおいて1コースとなった場合は出走資格の喪失(欠場)となる「著しく異なる進入航走」の規制を廃止することにいたしました。

なお、新ルールの適用開始は、平成20年5月1日以後の日を初日とする競走からとなります。
というものです。

数日は、旧ルールが適用されるレースと新ルールが適用されるレースとが混在する事になる模様で、4月26日~5月1日まで開催される琵琶湖の「第10回ビナちゃんカップ」と4月28日~5月3日まで尼崎で開催される「第41回六甲賞競走」は旧ルールでの開催となり、5月2日からの三国「第17回湯の花賞」、5月4日からの住之江「2009ラピートカップ」は変更されたルールで行われます。
この改正によって、レースはどう変わるのでしょうか?舟券にどう影響するのでしょうか?
ズバリ、インが弱くなると私は見ていますkao02

現在、全国的にイン有利で、全国24競艇場中最もインコースの1着率が高いのは、競艇発祥の地、大村で何と46.0%。ついで芦屋の43.5%。住之江が第3位で41.7%です。
競艇が左周りで行われる競技である以上、どうしてもインが強くなってしまう事は仕方が無い事なのかもしれませんが・・・40%は高すぎると思いませんか?
変更前の今現在ルールでは、枠なり進入が当たり前で、競艇本来の面白さが失われてしまうような気がします涙
今回改正されるルールによって、インコース艇が他の艇よりも遅く2Mブイに到達すると言う事は無くなるのでは?と思います。150m見透し線(2Mブイから対岸を結んだ線)に到達した順にコースの優先権が与えられるからですが・・・。
当然、前付けに出れば、進入は深くなり、STは何m起こしになるだろうか?と・・・
助走距離が短いと、アウト側のダッシュ艇は全速ターンで捲りが決まる。
これぞ、水上の格闘技!
来月からが一段と楽しみになってきました。


http://officialweb.blog22.fc2.com/blog-entry-13.html
| 13 | ラッキー☆ | 競艇 | 2009-04-27 Mon 23時10分 | コメント0 | トラックバック0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。